2014年04月05日

今この宮中を闊歩しているのは、己の欲のために動く人間ばかりです。誰が船の舵を取るのかばかりに躍起になって、船の行先を決めるのを忘れている。(『蛮幽鬼』より)

こんにちはこんばんは。


お天道様ってのはなんと意地悪なんだろう。

桜を咲かせて一喜させたかと思うと、すぐに雨を降らせて一憂させてくれる。

……こう書くとなんだかズルい女性みたいな感じですね……。

いや、賢い女性って言った方がいいのかな?


さて、今年ももう3ヶ月が過ぎ、新年度に入りました。

いかがお過ごしでしょうか?


自分にとって大切な人と言うのは、多くは苦言を言ってくれる人である。

自身が気づかない点を指摘してくれる相手とは、自分にはない観点を持っている、あるいは理解の範疇を超えた感性をもっていたりするものである。

それは大抵「イヤなやつ」とか「無関係でいたいと思うやつ」だったりする。

だから、積極的に関わっていくかどうかは個人の自由。

ただ「ムッとする言葉」などを投げかけてくれるということは、それだけ見てくれているということだ(目に付くだけかもしれないけど)。

今日、また1人そういう宝のような人が現れた。

正直、感情に流されそうになる。

半日置いておくと、その感情は薄れてきて反省とか感謝をするようになる。


ありがとう。


そんなかんじで。ではでは。(*^_^*)
posted by みつなり at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393882643

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。