2014年03月12日

朧月 そは何思ふ 三年月(みとせづき)

こんにちはこんばんは。


今生きているのはありがたいこと。

普通の暮らし、普通に衣服を買い、普通に物を食べ、普通にテレビを見、普通に本を読み、普通に恋をし、普通に仕事し、脚色された番組で笑い、泣き、驚き、悩む。

今天変地異が起こって、今までの暮らしが瓦解することを考えるだけで、恐ろしく思います。

そう思うと、今自分が何不自由なく生きていることに幸せを感じると同時に、そうなっていることへの感謝が溢れてくるんです。

ずっとこんな生活が続いてくれれば、なんて淡い期待というか希望というか思念というか、それを抱きながら日々を送るのは難しいこと。

普段からそんなことを考え続けるのはよっぽどのビビりなのか、よっぽどの暇人なのかはわかりませんが、ふとした時に考えるくらいはいいのかも。

ただ、多くを望みすぎると多くを失うことになる、抱え込むものが多くなるとそれが零れ落ちた時の衝撃は大きなものになる。

これは肝に銘じておかなくちゃいけないのかなと思います。


ではでは。φ(..)
posted by みつなり at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。