2014年02月16日

結果的に「そう」なるだけで「そうする」という意識は持たなくていい 合気道の先生

こんにちはこんばんは。


今年のバレンタインはいかがだったでしょうか。

ドラマはあったのでしょうか。

ちなみに私、人生で初めて逆チョコしました。

義理ですが。

好きな人にかぎらず、手作りを「おいしい」と言ってもらえるのは嬉しいですね。

乙女心がちょっとわかった気がします。


さて、「頑」なに自分を「張」ってると、心が折れそうになりませんか?


そんな時は休んでもいいんじゃないかと思うのです。


たぶん、業界人とか仕事人とかいった『成功者』の方たちからすれば、甘い考えだとは思う。(※『成功者』を「Time is money」ではなく「Time is life」の考え方をされる方と捉えて)



でも、鉄道の線路にアソビがあるように、一本に見えても所々間を開けないと、うまくいかなくなる。

それは一つの真理ではないでしょうか。

真理とか摂理とか哲学的だ、なんていわれても、僕たちが生きてる世界がそうなんだから仕方ない。


だから、僕自身『成功者』にはなれないと感じてる。



ところで、年代が大きく違う人、自分と違うなと感じる人と関わるのは意味があると勝手に思ってる。

例えば、営業をされてる方や会社を運営されてる方。

今まで僕はそういうところに携わってこなかったから、例えてみる。

相手のニーズをどう引き出すか、自分たちが持つ武器(特性)とどう絡めるか、間の取り方、書類の作成の仕方、などなど。

「必ずしも今必要でない知識や技術」を知っていることが多い。

たまたま僕は学校で経営者寄りのことをしているので、それらの知識の一端をもらえるのはありがたい。

それが、なんとなく気が合いそうな人から聞けるのは、もっとありがたい。

まぁ、「あの人はなんとなく気が合わないからムリ」というのもアリだと思う。

ただ、不思議なもんで、そういう人に限って面白い知識や技術、経験を持ってたりすることが多いんだよね。

だから毛嫌いするのはいいけど、もったいない気もするなぁ。


昔、僕に「口に気をつけないと女に嫌われますよ」と言ってくれた人が居た。

たぶん、僕の考え方を素直に受け取ったんだろうと思う。

この生き方って、行き過ぎると異性関係に支障をきたすんだよね。


臨機応変、間の取り方を、僕は培わなくちゃいけないんだなぁと改めて思った。


乙女心を少し感じた今日この頃。

ではでは。φ(..)
posted by みつなり at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388739093

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。