2011年08月30日

準備をするのは言い訳を最小限にするためだ 鈴木一郎

こんにちはこんばんは。

そうですね。

芝居屋かいとうらんまさんの秋公演は行けるように準備します。(^o^)


「後悔先に立たず」と言いますが、言葉は面白いですね。

物事の「後」に「悔」むから「後悔」なんです。

だから「先」に「悔」むことは杞憂に他ならないのです。

だからこそ、未来を心配する必要はないわけですね。


だからこそ今日の業務は疲れました。

少しばかり慣れが生じていたため、業務に対して緊張感が足りませんでした。

失敗と妨害でテンパってしまい、結果的にメダパニ状態に陥り、しばらくまともに業務できませんでした。

商品知識も足りない、配慮も足りない、根性も足りない、ないない尽くしを痛感した今日この頃。

そしてアルバイトを始めて上と下の感情のやり取りが分かり始めた今日この頃。


ではでは。(^◇^)
posted by みつなり at 23:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少し変わった解釈をすると「後悔」とは「後」を「侮る」から「後悔」となるという解釈をしてみると言葉は奥が深いと実感できる。
Posted by Mr. ドカベン at 2011年09月01日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/223291417

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。