2012年08月31日

人間は極端に言うとみんな躁鬱病みたいなもので、レベルの差はあってもみんな光と闇を併せ持っている。どちらかだけの人間なんて存在しないんだ。 Ville Valo

こんにちはこんばんは。

ついこの間、知り合いの方が言っていました。

「人が足りない。誰か働ける人身近にいない?」と。

ついこの間、マスメディアで報道されていました。

『新卒ニートが3万人、非正規雇用が4万人』と。

はて?

需要と供給のバランスが変ですね。

あと、報道される「ニート」ってなんか意味合い違うような気がする。

不思議ですね。不満と満足と不安と安心が綯交ぜになった感じです。


今のアルバイトを始めて、趣向が広くなったような気がします。

野球で例えると、内野守備がスタンドのホームランをキャッチできるくらい。

気が強い人や弱い人、カッコいい人やカワイイ人、外見がいい人や内面がいい人、年上の人や年下の人……まー挙げればキリがないですが、そんな感じです。

そして度胸も少しばかりついたように思います。

野菜で例えると、ジャガイモから大根になったくらい。

表情は慌てていなくても内心ビビっていたのが、表情は「ごめんなさい」でも内心「そりゃ私程度の力じゃどうもできませんよ」と堂々している、そんな感じです。

また、根性も性格も性癖もだいぶひねくれたと思います。

野犬で例えると、柴犬がケルベロスになったくらい。

まぁ、世の中に「完全な善」が無ければ「完全な悪」も無いってことで。

「弱い」=ダメとか「バカ」=価値ナシとか、一面的だと思う。

まぁまぁ、中途半端が一番融通利くんですわ。(*^_^*)


ブランコやシーソーを思い浮かべた今日この頃。

ではでは。<(_ _)>
posted by みつなり at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

ゲームも現実も先に進みたきゃ進むし、そうでなきゃ進まない。その決定権が常に自分にあるって点では――どっちもかわらない。だから……こっから先へ進むかどうか、決めるのは あいつだ。(『電波教師』より)

こんにちはこんばんは。

まだまだ続く残暑。

夏バテには注意ざんしょ?


先日専門学校のAO面接に行ってきました。

そこで思ったのは、声優を目指す人の多くが、もしかしたら夢見心地であるかもしれないということ。

これは実体験から思ったことなのですが、好きな職種のアルバイトでも毎日長時間繰り返していれば苦しくなったり辞めたくなったりするのです。

趣味の段階ならば、自分が飽きたら止めれるし辞めれる(もちろん思い通りにできない時もあるけれど)。

だけど、仕事となると対人間のシガラミが強いから、遺恨を残さないようにやめるのは難しい。

そういう意味で、「夢」であるのかもしれない。

声優さんに会いたいなら、ライブやそれらしい所へ行くのがベターだし、鍛えたいなら養成所や事務所や専門学校に行けばいい。

要は目的に応じた「寄り道」はどうだろうか、と思うのだ。


ところで、「優」と付く職には何があるのだろう。

「声優」「俳優」「倡優」などが挙げられるが、結局何が「優れて」いるのか。

言い方を替えるならば「何が優れていると認められているのか」かな?

「優れる」というのはつまり何かと何かを比較した時に初めて生じる現象であって、自分一人の中で比較することもできるが、世間の多くは自分の中だけでなく周囲や一般と比較したがる。

だから優劣が生まれるんだと思う。

まぁ、競争社会ってのは……一言で言うと「めんどくせぇ」なぁ。


喉に異物があるように感じる今日この頃。

明日は病院に行こうかな?

ではでは。φ(..)
posted by みつなり at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

王が残した遺産の一つを、この影は密かに受け継いでいた。(『デュエルマスターズ』停滞の影タイム・トリッパー)

こんにちはこんばんは。

私から見て、毎日毎日出勤して仕事をしている世の方々は本当にすごいと思います。

内容が良い悪いとか人格的にどうとかは抜きにして。

私にゃまだそんな固い決心なんてございませんので。(*_*)


レンタルしてきたDVDのラスト『ジキル博士とハイド氏』を観ました。

確か1931年の映画だったと思います。

「人の中には光と闇がある」とは映画の中のジキル博士の言葉ですが、それにある人は「善と悪だね」と訂正を促しました。

だがジキル博士は訂正しなかった。

なぜだろう。

もしかしたら【光=善】【闇=悪】という図式を確立させたくなかったからなのかもしれない。

ところで、この映画ではエドワード・ハイドが最初「死んだ人間」として登場するのが興味深かった。

ネタバレになるが、その後薬によって出現した人格は、自身をエドワード・ハイドと称している。

ということは、「彼」自身が「死んだ人格」あるいは「今まで死んでいた人格」と思っていたのかもしれない。

そのハイドが「生き返り」好き勝手する。

……なんだか、ものすごく浅はかな例えになるかもしれませんが、理性と野性を見ているかのようでした。

社会にもまれ、役割という仮面を付け、理性によって欲求を封じ込めている現代社会。

ストレス解消とか精神のバランスとかいろいろ言われてるが、いくら強固なダムでも決壊すりゃ大惨事でしょ。

そんなことを連想させた映画でした。

原作の方も読んでみたいな。

もうそろそろヤバくなってきた今日この頃。


ではでは。<(_ _)>
posted by みつなり at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

あなたは恋愛向きの性格じゃない。どっちかというと結婚向きの性格ね。(友人)

こんにちはこんばんは。

もう自虐ネタとして使える程整理できたので。

つい先日、告白してフラれました。


ところで『es』という映画を観返してみて思ったのですが、「人は役割を与えられるとそれに相応しい言動をするようになる」というのは当たらずも遠からずと言ったところか。

「与えられた役職に没頭することで自分が何者か認識する」は成功者の言葉ですし、「すべてこの世は舞台、男も女もすべて役者に過ぎない」はシェイクスピアの言葉である。

なら他の誰でもない「私」はどこにいる?役から離れた本当の「私」はどこにいる?

『TIME』では肉体が不死身でも、心が擦り切れる、つまり精神が摩耗するといっていました。

ふむふむ。(―△―)


そう言えば、ちょっと前に男を背負い1km程歩くという、一部の人にはとてもハートフルなイベントがありました。

私自身、ソコソコ筋力には覚えがあったのですが、60kgを背負って1km歩くのはキツかった。

腰痛持ちが無理をするものではないですね。

鍛え直そうかと思う反面、面倒だと思う。

内容を6割削減してみた結果、丸投げとなった今日この頃。

ではでは。(*^_^*)
posted by みつなり at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

大事なのは「そもそも、これでいいのか?」と、その前提が正しいかどうかを一度検証してみることです 佐藤可士和

こんにちはこんばんは。

昨日は8月19日、俳句の日だったそうですね。

『焦点』を観ていて気が付きました。……『笑点』でしたね。目がかすんでいるようです。

夏の虫 浮かぶ笹舟に 惑ひけり


ところで、感覚的なものなのですが私の中では今日は水曜日の気分なのです。

なぜでしょうね。2日程ズレがあります。

自分でもよくわかりませんが、たぶん時間がゆっくり流れたように感じたからだと思っています。

その原因は、朝9時くらいに起床したからじゃなかろうか、と思っています。

午前の活動時間が長いと一日が長く感じる。

あれ?短いとズレるのか長いとズレるのか?よくわかりません。


『スカイ・クロラ』『TIME』『ストレンジア』をレンタルして観ました。

ところで、この3本を見て共通点に気付く人はいらっしゃるでしょうか。


「不死」です。

面白いですね。

狙ったわけではないのですが、そういうのが私の目に留まるのでしょうか?

まぁ、そんな気分の今日この頃。

ではでは。φ(..)
posted by みつなり at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

仕事の「仕」にも「事」にも仕えるという意味がある。仕え切る心で臨まなければいつまでも自分が何者かは見えてこない 越智直正

こんにちはこんばんは。

仕事帰り、ゲオに寄って『es』があるか探していたところ、コンビニで働いていたころの店長さんにばったり会いました。

店長さん、店員やってました。

相変わらずの眼下のクマが濃くなっていました。

生きるって大変なんですね。


今日の昼ごろですか、作業をしてましたところ、ふと思ったことがあります。(古典落語口調)

あぁ、たかだか4連勤で私は根を上げる始末。それがどうだい。社員ともなれば一日8時間は拘束されて週5日勤務。食っていくのは出来ようが、果たして胃が受け付けるかどうか。「厳しいこと言うようだが」なんて説法はもう御免被る。せめてもの幸いと言えば、感覚がマヒしてくれることだ。

人はこれを「慣れ」と言う。

「慣れ」も表と裏とがありまして、いやさ上手い下手ではありませぬ、通用するのとしないのとでございます。深くは追及いたしませんが、まぁ、そんなこんなで私も「社会の歯車の一つ」に組み込まれていくのかと思い悩んでおりました次第にございます。


この記事のタイトルについて。

最近思うところがあって、いろいろ考えを巡らせています。

ただ思うこと。

仕事(家事手伝い含む)が人生の全てではない。

無論、大部分の人は人生の半分くらいを占めているのだけれど、仕事をしないと「自分が何者かは見えてこない」わけじゃない。

買い物をしていて見つける人もいるでしょうし、庭いじりをしていて見つけた人もいるでしょう。あるいはギャンブルをしていて見つけた人もいるかもしれない。

一つの見解ですが「ふと気づく」ことが大切だと思うのです。


人生いろいろな今日この頃。

ではでは。(*^_^*)
posted by みつなり at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

俺は一人の女しか愛せない不器用な男ですから!キリ(大学の友人)

こんにちはこんばんは。

覆水盆に帰らずとはこのことか。


認知症の初期症状に似た人に会いました。

モノが盗られるとかなんだとか、同じ話を5回くらいした後、結局安心の為に鍵を買って帰られました。

50分くらい話を聴いていました。

まー、幸か不幸か私はただの心理学生のアルバイトですから、薬物治療を進めることも回想法を進めることもできませんので、なんとなく話を聴いていました。


その時ふと思ったのですが、実際その人の話していることが本当だったら。

いや、本人としては大真面目に『実体験』を語っていらっしゃるわけですから、それがその人にとって真実なのでしょう。

言うなれば現象を取り上げるのではなく、過程と原因を見てどうなのか、ということを考えてみたのです。

周りは誰ひとり信用できない。

信用しても裏切られる。

そりゃ疑心暗鬼にもなりますわな。

「パラノイア」をやってその心境は分からなくもない。

理不尽なほど暴力的な恐怖と不安が常に付き纏う生活。

余程の楽観を決め込んだ人でも萎えるでしょうね。

……あー、憂鬱な気分になりそうなのでこれくらいに。


ただでさえ卒論の欲が湧かないから大変なのに……。orz

やっぱり私も不器用な男らしいです。(*^_^*)

ではでは。<(_ _)>
posted by みつなり at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

考えよう、答えはある。(ヘーベルハウスのCMより)

こんにちはこんばんは。

突然ですが、私は ノシ ← が好きです。

手を振るって、いわゆるノンバーバルコミニケーションですが、それを文字化・視覚化している点でスゲーと思っています。

あまりにも直球過ぎるCAでした。


さてさて、今年は水の災害が続いています。

また東北の震災も津波の被害という点で水の災害とも呼べます。

地球温暖化が熱、火の災だとしたら、火と水の調和を保とうと地球は『調整』しているのかもしれません。

私達に何ができるのでしょうか。


「何ができるか」と言えば、お隣韓国の大統領が起こしている「宣戦布告」について。

天皇陛下に「韓国に訪問するなら謝れ」というのには「?」が浮かぶ。

天皇陛下関係ないじゃん。(中略)「恩を仇で返す」というのはこの事なのかな?

当ブログの「大直毘神」がいらっしゃるなら、災いを吉事へ変えてくださるでしょう。

まぁ、人智を尽くして天命を待つならば、政府は抗議姿勢だけでなく韓国ドラマや製品・グッズを規制して経済制裁を与えるとかいろいろあるでしょう。

では、私達国民は?

答えはそれぞれ違うだろうし、出ないかもしれないけど、考えて実行する方がよさそうだ。

巡り巡って私たちの命にかかわることだから。


いろいろ放り出した今日この頃。

ではでは。(*^_^*)
posted by みつなり at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

この地球の未来には 今さら Love & Peace は無い でも声を密め夢見て みんな日の出を待っている!!(『現代人諸君!!』より)

こんにちはこんばんは。

「意外に力あるねー。もっと華奢な感じに見えた」と言うようなことをよく言われます。

撫で肩だとそう見えるのでしょうかね?

筋力がなさそうに見えてソコソコある、体力がなさそうに見えてそんなに無い。

そんな天邪鬼チックな私です。


さて、今日飛び込んできたニュースについて考察。

「消費税増税法案可決」

「李明博大統領の竹島訪問」

前者はとりあえず置いておいて、後者について。

まーなんと言うんですかね、国策的な韓流ブームを糸口に、内政がゴタツイテいる間になんとかしてしまおうとか考えたのでしょうか。

ロシアとの北方領土の件も去ることながら、こちらもなんだかなー、といった感じです。

や、今更韓流ブームに惑わされるな!なんて野暮なことは言いませんよ。

むしろ好きなら好きでどうぞどうぞ。

そんな彼らは「日本人は死んだ方が良い」という教育をされてきている人たちなんですけど。

狂気に対し嬉々として迎えるのは、歪んではいますが個性とも言えます。

アリだと思いますよ。

ところで、いろいろなコメントを見て回っていますと、思うことがあります。

「韓国が攻撃してきたら安保理に行って終了」「オリンピックでも各国は韓国のプレーに不満を抱いている」とか、第三者目線が多いと思う。

無論私も客観視点で上げている部分があるので、とやかく言うつもりもありません。

ただ、いざ自分には何が出来るのか考えた時に、思いつかない、ということに不甲斐無さを感じたりします。


まぁ、前者の「消費税増税」についての私のスタンスとしては勝手にやってくれ、と言う感じなのでいいのです。

もちろん「生活保護不正受給問題」や「社会保険費の増大」や「低負担高福祉の課題」等の「国民自身の問題」が解決していけるのが理想なのですがね。

というより、そこら辺の世間一般で言う「無駄金」が洗い出され、しっかり提示された上でなら国民も納得するんでは?

「今日本って家にはお金が無いの。ほら、家計簿見て。おじいちゃんおばあちゃんの医療代にお父さんの肥満解消のためのスポーツジムの年会費、それとお母さんの化粧代とご近所さんとのお付き合い費、子ども達の学費に給食費にお小遣い。毎月の借金でもう収入が間に合わないの!」

という感じなら……まぁ、その時の状況と気分次第か。

う〜ん、とりあえず、サッカー日本代表の健康を祈ります。

ではでは。<(_ _)>
posted by みつなり at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

空と海を飾り 土を選び果てる 己が欲は溢れ 気付けど進み行く 超える 衝動と共に(『飛光』より)

こんにちはこんばんは。


今日バイト先で一つ注意されたんですが、嫌ですね。

何が嫌だって、「お前」って呼称が嫌ですね。

注意の中身自体はいいんです。その通りですから。

例え注意した人が、自分の仕事しかしない人であっても、他人のやることに口は挟むが自分がやっていることは正しいと思い込んでいる人であっても、私自身半端者を人生目標としている以上受け取るだけです。

ただ、「お前」と呼ばれて無性に腹が立ちました。

私自身なぜ嫌なのか考えたことがあるのですが、父親がよく言っていた、という結論で終着。


今(かれこれ3ヶ月くらいダラダラと)読んでいるタイトルに『コンップレックス(河合隼雄著)』があります。

この体験がそうなのかなぁーと思う反面、「精神分析ごっこ」してるなーと思ってしまう今日この頃。

ではでは。(*_*)
posted by みつなり at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。