2012年06月27日

輝きと共に、世界は奇跡そのものとなる。(『デュエルマスターズ』天雷龍姫エリザベス)

こんにちはこんばんは。

昨日今日と風が強かったです。

そんな時は、思いがけずイベントが発生したりするもので……。

車の運転中、自転車に乗ろうとした女子高生を発見。

「お、抜け出して遊びに行くのかな?」と思った瞬間。

ふぁっと〈至宝を守護する腰布〉がはためいた。

「「「見えた!」」」

同乗していた友人2人も口を揃えてそう言った。


はい。「こいつバカだなー」と思った人達。その通りです。

私は結局「バカ」なんですよ。

まぁ、下手に狡賢いやつよりはこの方がさっぱりしてて楽なんじゃないかとも思うんですけどね。(^O^)


さて、先日、ある人に「なんかMだよね」と言われました。

「俺……Mなん?」と思った反面、「痛みも愛情もなんでも受け入れるからMなのか?」とも考え、結果的に「ほぉ。そうなんだ」と肯定とも否定ともとれない返事を返してました。


やっぱりポジティブな今日この頃。

ではでは。(*^_^*)
posted by みつなり at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

人間は背伸びをしているうちに背が伸びる 山本正太郎

こんにちはこんばんは。

どうやら私は仮面が好きなようで……。

心理学で言う仮面とは、大体が「ペルソナ」と呼ばれます。

ゲームのペルソナを連想された方、大体合ってます。たぶん。

あとはそれぞれが調べたり放置したりしてもらうとして、要するに私はその人が「作った性格(すごくザックリした言葉ですが)」に興味と感心があるようです。

昔から私はメンクイだったらしいのですが、面の意味が仮面の「面」だったらしいです。

まぁ、その人の本質を「知った」時も同じように興味、関心を魅かれるのですが。

結論。どっちもアリ。


さてさて、話は変わりますが、ついに今週普通二輪の免許が取得できそうです。

普通自動四輪も1ヶ月で取得しましたが、こちらも順調に1ヶ月で取れそうです。

資格という資格は、大体準備期間1ヶ月で取っているのは、私の性格からでしょうか。短期決戦型。あるいは中期的計画遂行型?

とは言え、これはいろいろ便利です。

……と、勝手に思っています。

なんだかんだ言いつつ、将来への保険を作っているとです。

早いもので、もう6月も終わろうとしています。

日に日に時間の大切さを感じるのです。

卒論という、ある種自分の我がままを押し通すことが場合によっちゃできるイベントが、知らぬ間に進行中だというのです。

ちょ……。

締切待って……。

といったところで。

ではでは。(*^_^*)
posted by みつなり at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

すごい的確で見事に出来上がった想いをカッコよく伝える必要はない訳でなんとなく伝わればそれでいいんだよな 小田和正

こんにちはこんばんは。

人間って、なんで2本足で歩くんでしょうね。


(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

Let's\(・ω・)/にゃー!


突然でしたが、要するにこんなことです。

たまたま言葉があったから、たまたま面白かったから、たまたま使ってみたくなったから、記事にしてみたのです。

もっとも、それで上手く行く時と下手打つ時があるのはご愛嬌。

世の中そうも単純じゃないってことなのかな。


とは言え、不安ばかりでお先真っ暗じゃ生きることも辛くなりましょうぞ。

お気楽トンボで行けるなら、男も女も紳士も淑女も中性も、揃い揃って歩きましょ。


不意の下ネタ談議に花を咲かせた今日この頃。

ではでは。φ(..)
posted by みつなり at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

君の心がわかる、とたやすく誓える男に  なぜ女はついてゆくのだろう そして泣くのだろう (『空と君のあいだに 』)

こんにちはこんばんは。

何事もない一日、というのは贅沢ですね。

もちろん、「贅沢=幸せ」という図式とは限りませんが。


さてさて先日献血車両が来ていたので、いっちょやってみるか、と意気込んで行ったのですが……。

「輸血した人はできないんです」
「あ、そうなんですか」
「申し訳ありません」
「輸血後10年経ってますけど、それでも?」
「え〜、申し訳ありません」

という感じで退散。

何と言いますか、「輸血助けられた人は同じ輸血で助けられない」と知った今日この頃。


カツカレーとポークカレーを日に2食食べた昨日、心なしか肌が黄色くなりました。

というのは置いておいて、なぜ私に彼女ができないのか、ということについて昨日友人たちとなぜか話していました。

まぁ、当人に欲しいと思うだけの余裕と時間、あと勇気が無いというのが根っこなのですが。

あとは今と昔の私ではだいぶ変わっているということで(このブログの過去の記事を見ても自身で感じます)、そこがキーなんじゃないか、とも言ってましたかね。

とは言え「変人」であることには変わりありませんが。

恋の駆け引きが楽しいと思えるか、面倒と思うのか、それも相性によりけりなのでしょう。


『酒と泪と男と女』な今日この頃。

ではでは。<(_ _)>
posted by みつなり at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

人間は、ある程度の年齢になると、親の前で子どもを演じるようになるよね リリー・フランキー

こんにちはこんばんは。

どうしようもなく眠い、って時ありますよね。

昨日久しぶりに12時間寝てました。

一昨日は何があったのか、眠くてしかたなかったので、帰宅後風呂も入らず歯も磨かず布団にダイブ。

気付いたら半日経っていました。

そしてアルバイト。

そして睡眠。

ちょっとだけ、友人の気持ちが分かった気がしました。


さて、自分を演じるって、実は誰にでもできるけど、誰にもできるない所業だと思います。

その実、何を「自分」とするのか。

一種の心理であり真理であり、突き詰めれば心裏を知らないと難しいように思います。

ある時、私は「なぜモテないのか」と訊かれたことがあります。

私自身、「モテる自分」というのを想像していなかったため、いや、できなかったため、その時は「わからない」と答えました。

そんなもんだと思います。

分かっているようで解っていない。解っていないけれど、ある程度分かっている。そんな自分。


ちょっとだけ自分と向き合った今日この頃。

ではでは。(*^_^*)
posted by みつなり at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

われらはいかにあるかを知るも、われらがいかになるかを知らず。(『ハムレット』より)

こんにちはこんばんは。

やっぱり、私は「親バカ」と呼ばれる人になりそうです。

妹が寝坊して遅刻しそうになると、スルッと布団から這い出て身なりそのままで拝謝の用意。

いや、歯医者の……敗者の……配車の用意。

…………なんで一発変換で出てこないんだろ。

まぁ、そんな感じでだいたい都合の良いように使われる感じ。


今朝、送って帰ってくると、フジテレビ『にじいろジーン』の「輝くオンナの人生劇場」で「ふたばクラブ」という東京のアフター保育園が紹介されていました。

代表の市川博子さんが、自身の仕事に対する情熱と女性としての役割との葛藤の中で悩んだり苦しんだりして、こうなった的なことを言っていました。


やっぱり私は多くの人とは違った見方を持っているようで、それから考えたことは以下のよう。

働く女性のため、と言えば聞こえは良いのかもしれませんが、その実は子どもと母親を引き離す行為に他ならない。

地域によってまた職種によって、収入対生活費の兼ね合いがあるから仕方ないと言えばそれまでだが、結局その施設に通わせるにもお金がかかる。

それを稼ぐためにまた仕事をする。

ここに一種のパラドックスが生じていると感じる。

親は子どものためを思って施設に預けるが、子どもは何より親との関係を求める。

しかし、子どもは自分のために気を遣ってくれる親を困らせないように、施設へ行く。それに親は安心して仕事をしてお金を稼ぐ。

……仕事の意義とか言う命題は、人それぞれ違うだろうけど、一つ挙げるとしたら『個の幸せを得る』ということだと思う。

ただ、個人主義を突き詰めていけば『孤人主義』に成り換わられかねないんじゃないか。


まぁ、こういうことを示唆すると、フェミニストと称される人は「それは女性の人権を考えてない!子供は夫婦が共に育てていくべきで、女性だけに育児を任せるのは時代遅れだ!」とか言いそうですが、私はフェミニストを否定するつもりもありませんし、性役割を強要するつもりもありません。

ただ、この世に男と女という性別があり、日本という国はどのような文化で今まで続いてきたか、母親と子には一種遺伝子レベルを超えた繋がりがあると思えてならないのです。



さて話は変わりますが、人狼ゲームの弊害と言えば、まず人を疑ってかかってしまいがちになること。

「相手はこう言ったが、何か裏があるんじゃないのか」と思うことがよくある。

まぁ、以前の私だったら詐欺に遭いやすい(要するに信じやすい)性格だったと思えるので、ある意味で良い傾向なのかもしれません。

ただ、素直に受け入れられないことがある、というのは難儀なことですねぇ。


寝ても覚めても眠い今日この頃。

ではでは。φ(_ _ )zzz
posted by みつなり at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

限界を感じた夜だったのかもしれない(『はじめの一歩』より)

こんにちはこんばんは。

最近、大学の友人たちと食べに行くことが多くて、財布がカラッカラです。

「今だからできることを十分楽しむこと」これはこのブログをやり始めた頃からの想いの一つです。

…………また私の懐に帰ってこいよ。ジェニー。(T_T)



さてさて、実は今密かに自動二輪の中型免許(〜400cc)取得を目指し、教習中なのです。

とはいえ、まだ始めたばかりで、エンストをよくやらかします。

どうやら、急ブレーキ急発進のクセが自転車で身に付いてしまっているらしく、修正に手こずっているとです。

そして、今日は転倒もやらかしました。

危うく左足がプチッといくところでしたが、緊急回避。

これこそ日頃の鍛錬(人狼ゲーム)の賜物ですかね?とっさの判断力が養われているのでしょうか?

ところで、転倒の原因はなんだったのかと分析。

昨日左手の親指を突き指したことがグリップ力の低下に繋がり、痛みによる判断力の低下が引き起こしたものではないか。


まぁ、今となっては、公道でやらないように練習する程度の教訓でしょうか。


なんだかんだで遊んでいる今日この頃。

ではでは。(*^_^*)
posted by みつなり at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

大きな努力で小さな成果 鍵山秀三郎

こんにちはこんばんは。

夏が近い、というか夏ですね。

先日ラジオを聴いていたら、プール開きしている学校があると知りました。

私の通っていた高校は水泳の授業が無かったため、プールとの縁がないように思っています。

が、つい最近近場にガチ競泳用プールがあると知り、目下行きたい衝動に駆られています。


なぜプールなのか。

これからの時期、海でもいいじゃないか。

…………海、怖いんです。

小学生だった頃、釣りに行った時にふとした事で琵琶湖(海じゃなくて湖ですが)にダイブした時の体験を引きずっているんです。

まぁ、ある程度透明度の高い水なら良いんですけど、ちょっとでも暗いと……。((*_*))


でもまぁ、これからの時期、水着とロマンを求めて男達は海へと旅立つのでしょうね。

女性にとっては、日焼けとダイエットに気を付ける時期なのでしょうか?


そうそう。「日焼け」と「ダイエット」で思い出しました。

現代人に花粉症の方が多い要因の一つに、「日光を直接浴びる機会が少ない」というのがあるのかもしれません。これは「日光によってビタミンDが体内で生成される」という理論に基づいています。

あとは面倒なので割愛。\(-o-)/


最近は「ダイエット=断食」という方式は崩壊しつつありますね。

個人的に良い兆候だと思います。

「体重を減らす」「体のラインを細くする」という2点のみを追求するのであれば、断食も一つの方法ではありますが、健康被害が甚大。

あとある程度の体脂肪と体重、筋肉量が無いと、子どもを産む・育てるのに「困ったこと」が起こりがち。

まぁ、日本で「細い=美しい」という方式が健全である以上、これは致し方ない事なのかもしれませんが。

ただ一つ。男性の多くは、女性の肉の柔らかさ・温かみを求めているというのも確からしい事なのです。


さて私は「ダイエット」をする上で前提になるのは、「健康であること」だと思います。

男女問わず、体調が悪ければ日常生活に支障が出る。

ならば、新陳代謝を高め、老廃物をスムーズに排出するのがいいんじゃないか。まぁ、散々その類の情報に目を通している方には下世話な話なのかもしれませんが。

では、何が良いか。

思い当るのは「ラジオ体操」と「護身体操」と「水泳」です。

前者は『実はスゴイ! 大人のラジオ体操(中村 格子 著』などで近年注目されてますね。

「護身体操」は、私が10年通っていた八光流合気武道で行われている体操です。

東洋医学に基づいたもので、経絡を刺激し、流れを良くする健康体操です。まぁ、これは一般の方には知り得ないものなのですが。

して最後の水泳はいわずもがな、全身運動です。

しかも肺も鍛えれるため、いざという時便利。琵琶湖に落ちた時とか、琵琶湖に落ちた時とか、あと特に琵琶湖に落ちた時とか。


そんな感じで煩悩と怠惰な生活を送っている今日この頃。

ではでは。<(_ _)>
posted by みつなり at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記【考察】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。